男性型脱毛症の治療薬|薄毛治療で心のモヤモヤがスッキリ解消される
メンズ

薄毛治療で心のモヤモヤがスッキリ解消される

男性型脱毛症の治療薬

考える人

AGA

薄毛で悩んで皮膚科や頭髪専門クリニックで相談をされる方は年々増えていっています。東京都内であれば、薄毛治療専門のクリニックは多数ありますので、改善したい不安を解消したいという思いから他県からも東京都内の薄毛治療専門クリニックに来院される方はいるのです。AGAは、男性型脱毛症のことです。男性ホルモンであるテストステロンが、還元酵素αリクターゼによってジヒドロテストステロン(DHT)に変化をします。このDHTが毛根に作用して、髪の毛を軟毛化させ最終的に抜け落としてしまうのです。そこで、プロペシアです。プロペシアは、テストステロンがDHTに変化をするのを防ぐ効果があります。その結果、抜け毛の進行を抑えることができるのです。

1日1回1錠6ヶ月間

プロペシアは5αリクターゼの働きを阻害します。その結果、DHT濃度が下がります。プロペシアは、通常1日1回1錠服用します。服用するタイミングは、食事の影響を受けないので食前でも食後でも服用可能です。忘れないように服用することが大切ですが、まずは6ヶ月間は継続して服用することです。早い人では2ヶ月程度で抜け毛が目立たなくなり産毛がみられるようになります。6か月経過すると薄毛が目立たなくなり頭髪にボリューム感がでます。プロペシアですが薬局では取り扱っていませんので、東京の薄毛治療専門クリニックなどを受診して、検査した上で処方してもらう薬です。数年前までは、このようなAGAを専門とするクリニックは少なかったのですが、東京都内でも今では増えてきましたので最寄りのクリニックで受診できます。